一人暮らしを始めると、おしゃれな部屋に憧れますよね。
おしゃれな部屋といって思い浮かぶのは家具の見た目や、質、配置などのインテリアでだと思います。

しかし、本当におしゃれな部屋を作りたいなら、ぜひBGMにもこだわってみてください。
なぜなら、人間は視覚、触覚以外に、聴覚から得た情報でも心理状態が大きいく変わるからです。

特に聴覚は脳の喜びや怒りなどの感情を支配する器官に直結しているので、音楽を聞くことで感情に直接訴えることができると言われています。
つまり、作りたいムードに応じてBGMを選べば、音楽で部屋をおしゃれに感じさせることができるのです。

BGMを選ぶと言っても自分の好きな曲をダウンロードしてプレイリストを流すやり方では、お金も手間もかかります。
定額音楽配信サービスを使えば手軽に、幅広い楽曲を楽しめるプレイリストを作ることができます。

では多数のサービスからどれを選べばよいでしょうか。
どのサービスも1カ月以上の無料お試し期間が設けられているので、トライアル体験で満足できたかどうかが決め手になります。
その際、特に重視したい点は以下の通りです。

定額音楽配信サービスを選ぶポイント

プレイリスト

当然、楽曲数が多ければ多いほど様々な音楽に出会えますが、BGMで使う場合はプレイリストが充実しているかどうかがポイントです。
「寝る前にきく曲」や「テンションあげたい時に聞く曲」など作りたい雰囲気に応じて楽曲を選べるので、自分が気に入ったプレイリストを探してみてください。

音質や機能

音質はほとんどが最大320kbpsと数字上は差がありません。ただ、楽曲や利用プラン、通信環境などによっても変わってくるため注意が必要です。

利用料金

通常プランはどのサービスも月額1000円弱で利用できます。1日当たり30円ちょっとなので、試用してみて、料金なりの価値を感じられたかどうか検討しつつ、多少の制限があるライトプランでも問題ないか、学割やファミリープランの有無、好きなアーティストの専用プランがあるかなどもチェックするとよいでしょう。

定額音楽配信サービス比較

AWA(アワ)

AWAは、エイベックス・グループとサイバーエージェントが手掛ける音楽配信サービスです。特徴はユーザーが作ったプレイリスト群です。ユーザのこだわりが詰まったプレイリストを検索して再生したり、お気に入りに登録したりできるほか、自分のプレイリストを公開して他のユーザとシェアして楽しめます。

カラオケ好きに喜ばれるのが歌詞の表示機能です。すべての曲ではありませんが、アルバムジャケットをタップすると歌詞が表示されます。再生箇所がハイライト表示されるので、歌いながら聴きたいという人にはぴったりでしょう。

運営:AWA株式会社
楽曲数:4500万曲
月額料金:960円(Standardプラン、年9600円の年間プランあり)/無料(Freeプラン)
無料試用期間:30日間(2017年11月30日までは3カ月無料)
音質:最大320kbps
歌詞表示:○
オフライン再生:○(無制限)

Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)

Prime Musicは約100万曲が聴き放題の音楽配信サービスです。
プレイリストやラジオなどの機能があり、さらにプライム会員なら追加料金なしで利用できるという、コスパの良さが際立っています。ただ、他の音楽配信サービスに比べると楽曲が少なく、プライム会員に用意された「おまけ」という位置づけで見られることが多かったのも事実です。

Amazon Music Unlimitedは、このPrime Musicの強化版です。有料ですが、新たに登録することで聴き放題で楽しめる楽曲が4000万曲以上へとアップグレードします。プレイリストやラジオ、おすすめ、オフライン再生など、Prime Musicで使える機能はすべて使えます。

運営:Amazon
楽曲数:4000万曲以上(Prime Musicは約100万曲)
月額料金:980円/1480円(ファミリープラン)/380円(Echoプラン)
無料試用期間:30日間
音質:最大256kbps
歌詞表示:なし
オフライン再生:○(無制限)

Spotify(スポティファイ)

2008年スウェーデンで開始され、現在では1億7000万を超えるユーザを持つ世界最大手の音楽配信サービスです。
最大の特徴は、4000万以上ある楽曲のほとんどを「無料」で聴けるという点です。もちろん制限はありますが、有料サービスのみの音楽配信サービスに比べると大きなアドバンテージです。

無料プランには、数曲再生するたびに30秒程度の広告が流れるなどの制限があります。
また音質は最高音質(320kbps)ではなく、高音質(160kbps)が設定されます。

有料のPremiumプランでは、こうした制限がすべて取り払われます。聴ける曲は同じですが、広告が非表示になり、選曲やスキップが自由におこなえるようになります。
また、オフライン再生も可能になります。。

運営:スポティファイジャパン株式会社
楽曲数:4000万曲以上
月額料金:980円(Spotify Premium)、480円(学割プラン)、1480円(ファミリープラン)、無料プランあり
無料試用期間:初回3カ月100円(時期等により30日間の無料体験が付く場合も)
音質:最大320kbps
歌詞表示:○
オフライン再生:○(3333曲まで)

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSICはLINE、ソニー・ミュージックエンタテインメント、エイベックス・デジタルの3社が中心となって立ち上げた、LINE MUSIC株式会社による音楽配信サービスです。
楽曲数は2500万曲以上あり、洋楽のラインナップが増えています。

LINE MUSICならではの機能といえるのが、お気に入りの曲をLINEの友だちにシェアできる機能でしょう。シェアされた曲やアルバム、プレイリストは、トーク画面やタイムラインからすぐに聴くことができます。
また配信されていないアーティストなどに関しては、楽曲をダウンロード購入(LINE MUSICコインを利用します)してLINE MUSIC内で楽しむこともできます。

格安SIM/スマホの「LINEモバイル」ではLINE MUSICの通信量がカウントフリーのプランもあり、ヘビーに使いこなしたい人にはオススメです。

運営:LINE MUSIC株式会社
楽曲数:4400万曲以上
月額料金:960円(プレミアムプラン)/500円(ベーシックプラン)/1400円(ファミリープラン)
無料試用期間:最大3カ月
音質:最大320kbps
歌詞表示:○
オフライン再生:○(無制限)

Apple Music(アップルミュージック)

Apple Musicの特徴は、iOSに統合されており、標準の「ミュージック」アプリから利用できることです(Androidにも対応しています)。
利用を開始すると、iCloudミュージックライブラリが有効になり、iTunesで購入した楽曲やPCから転送した曲と一緒にApple Musicの曲を管理できるようになります。

運営:Apple
楽曲数:4500万曲
月額料金:980円(個人プラン)/1480円(ファミリープラン)/480円(学生プラン)
無料試用期間:3カ月
音質:最大256kbps
歌詞表示:○
オフライン再生:○(無制限)

Google Play Music(グーグルプレイミュージック)

3500万曲以上という曲目の圧倒的な多さが話題になりました。
自分のライブラリから最大5万曲をアップロードして他の端末からストリーミング再生することができる「クラウド」機能や、ユーザーのライブラリにある曲や好きなアーティストを元に選曲する「ラジオ」機能といった具合に、Apple Musicとよく似たサービスが利用できます。

特にクラウド機能とラジオは、定期購読しなくても利用できるのがポイント。
スマホの容量が不足気味の人に重宝します。

運営:Google
楽曲数:4000万曲以上
月額料金:980円/1480円(家族プラン)
無料試用期間:90日間
音質:最大320kbps
歌詞表示:なし
オフライン再生:○(無制限)